富士山頂における長期二酸化炭素濃度観測研究

A study for CO2 observation for long-term at the summit of Mt. Fuji


向井人史 Hitoshi MUKAI
国立環境研究所 地球環境研究センター Center for Global Environmental Research, National Institude for Environmental Studies

【共同研究者氏名・所属】

寺尾有希夫・野村渉平 Yukio TERAO and Shohei NOMURA

国立環境研究所 地球環境研究センター Center for Global Environmental Research, National Institude for Environmental Studies

【研究成果の概要】

 富士山は、日本列島のおおよそ中央に位置し、その山頂の大気は、年間を通して地上の影響をほとんど受けない自由対流圏の中に位置する。そのため富士山頂の大気中二酸化炭素濃度は、東アジアの中緯度のバックグラウンド濃度を示す。しかし富士山頂は夏期(7-8月)以外の10カ月間通電されない通年観測が困難な場所である。

 国立環境研究所は蓄電池100個に蓄電された電気で1年間二酸化炭素濃度を測定できる装置を開発し、それを2009年に富士山頂に設置した。設置された装置は通年稼働し、これまで8年間二酸化炭素濃度の測定が行えた。今後も長期的に富士山頂での二酸化炭素濃度の計測を行う必要がある。そこで観測機器に電力を供給するバッテリー50個を更新した。これにより将来20-30年程度、本二酸化炭素濃度観測機器は稼働すると考えられる。
 また富士山頂の二酸化炭素濃度を含む温室効果ガスをモニタリングするために、毎月1度のフラスコサンプリングを開始し、初めて富士山頂の大気中CO2のδ13Cとδ18Oを測定した。得られた値は、他のバックグラウンド濃度を示す地点とほぼ同じであった。

 

(英文)

Mt. Fuji is positioned the central in main island of Japan and the summit of Mt. Fuji is located in the free troposphere which is not affected by the ground throughout the year. So, atmospheric CO2 concentration at the summit of Mt. Fuji shows the background CO2 concentration in middle latitudes in Asian region. National institute for Environmental studies, Japan (NIES) developed the CO2 instrument which can operate and measure atmospheric CO2 concentration for a year by the power in 100 batteries and installed the instrument at the summit. We got CO2 data for 8 years because CO2 instrument worked well at the summit. This summer we were updated 50 batteries to operate the CO2 instrument for long-term. So, then our instrument may be able to operate until 2040. 
We began to the flask sampling once a month at the summit to monitor greenhouse gases include CO2. δ13C-CO2 and δ18O-CO2 at the summit of Mt. Fuji showed to similar to those of background site as Mauna Loa Observatory.

 

【研究成果の公表予定】 

Shohei Nomura, Hitoshi Mukai, Yukio Terao, Toshinobu Machida and Yukihiro Nojiri 2017 Six years of atmospheric CO2 observations at Mt Fuji recorded with a battery-powered measurement system, Atmospheric Measurement Techniques. 10, 667?680, 2017

Shohei Nomura and Hitoshi Mukai 2017 Long-term monitoring for atmospheric CO2 concentration at the summit of Mt Fuji, Japan, Atmospheric Chemistry and Physics at Mountain Sites 7-10 November 2017, Gotemba, Japan.