第2回成果報告会

日時:平成21(2009)年1月25日(日)10:00~17:00
場所:東京大学小柴ホール

大会実行委員長:大河内博(早稲田大学)

副実行委員長: 片山葉子(東京農工大学)



 
総合司会・実行委員長 大河内博(早稲田大学)
10:00~10:05 開会挨拶 浅野勝己理事長

I. 招待講演

座長  畠山史郎(東京農工大学)

井川学(神奈川大学工学部)
「丹沢大山の酸性霧と森林衰退」
原圭一郎(福岡大学理学部)
「南極自由対流圏でのエアロゾル観測」
松木篤(金沢大学フロンティアサイエンス機構)
「ネパールの標高5079mにおけるABC-Pyramidの活動紹介:A過去2年間の観測概要について」

座長  増山 茂(了徳寺大学)
齋藤繁(群馬大学医学部)
「富士山頂での酸素投与:各種機器と最新トレンド」
花岡正幸(信州大学医学部)
「シェルパ族の高地適応における分子遺伝学的検討」

II. 成果発表会

座長 五十嵐康人(気象研究所)

大河内博(早稲田大学)・三浦和彦(東京理科大学)
「フミン様物質の大気動態とエアロゾル間接効果に関わる特性評価」
金谷有剛(海洋研究開発機構)
「PM2.5エアロゾル重量濃度と各化学成分濃度の変動測定」
向井人史(国立環境研究所)
「観測環境が厳しい遠隔地におけるCO 2観測システム」
加藤俊吾(首都大学東京)
「富士山頂におけるオゾン・一酸化炭素の測定」
保田浩志(放射線医学総合研究所)
「高高度宇宙線被ばくのリアルタイム推定」

座長 堀井昌子(神奈川県予防医学協会)
浅野勝己(日本伝統医療科学大学院大学)
「富士山頂短期滞在時の自律神経応答と高山病への鍼治療効果に関する研究」
山本正嘉(鹿屋体育大学)・浅野勝己(日本伝統医療科学大学院大学)*
「富士山測候所を利用した短期間の高所トレーニングの効果」
井出里香(永寿総合病院)
「富士山頂における睡眠時の無呼吸・低呼吸の評価,富士山頂における睡眠状態の簡易解析」
高山守正(財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院)
「低圧低酸素下での富士登山者における心機能と高山病発症の関与」
*山本は公務欠席のため,共同研究者の浅野が発表

座長 片山葉子(東京農工大学)
増沢武弘(静岡大学)
「富士山の永久凍土」
池田敦(筑波大学)
「富士山における永久凍土調査:長期・大深度調査に向けての予察的研究」
堀井昌子(神奈川県予防医学協会)
「中学生の富士登山」
土器屋由紀子副理事長・学術委員長
「平成21年度の観測に向けて」
渡辺豊博事務局長
「平成20年度の富士山測候所利活用に関する総括・閉会挨拶」